〒650-0021 神戸市中央区三宮町3丁目7番10号 協栄ビル602号
078-325-3066

ブログ

メンタルヘルス

こんにちは。神戸オイレクリニックです。本日もブログをご覧いただきありがとうございます。今朝は秋晴れの神戸です。もう昨日から10月。早いですね。1年過ぎていくのは。本当に早い。と最近よく思います。最近は夜の帰宅時には寒くなってきましたね。肌寒くなると食べたくなるのが、お鍋。私は辛い鍋が好みでよく食べるのですが、昨日は、韓国のチゲ鍋屋さんの万能たれというのを買ったのでそれで簡単なチゲ鍋を作ってみました。コクがあってとても美味しくクセになりそうな味でした。これから色んな種類の鍋を作るのが楽しみです。皆さんは何鍋が好きですか?オススメあったら教えてください。

さて、本日のテーマはメンタルヘルスについて書いていきます。メンタルヘルスは今やほとんどの人が知っている言葉ではないでしょうか。メンタルヘルスを整える、メンタルヘルスケア、メンタルヘルス対策。様々なシーンでよく耳にしていると思います。そこで、メンタルヘルスとは何だろうと正しく理解したいので調べてみました。

●メンタルヘルスとは、「心の健康状態」(精神的健康)を問う言葉

メンタルヘルスとは、「心の病気」そのものを指す言葉ではなく、「心の健康状態」(精神的健康)を問う言葉。人は心が健康であれば、ポジティブな状態を安定的に保つことができます。意欲的な姿勢で臨むことができ、日常的にもいきいきとした生活を送ることができます。WHO(世界保健機構)では、「健康」について「病気でないということではなく、身体的、心理的、社会的に満たされた状態(Well-being)であること」と定義しています。このようにメンタルヘルスは、精神なる的健康として身体的健康に対比して用いられる言葉であり、「精神が健康なので、病気ではない」という視点だけでは不十分なのです。

●特別な病気ではなく、ストレスや悩みを抱えている状態も、メンタル不調にあてはまる

メンタルヘルスは特別な病気や病状だけを指すものではありません。「うつ病」や「パニック障害」といった病名が付いている状態だけでなく、ごく普通に働いている人が何らかのストレスや悩みを抱えて気分が落ち込んでる状態も、メンタルヘルス不調に当てはまります。つまり、現代では誰もがメンタルヘルス不調になり得るわけです。そこで、気持ちが落ち込むことなく、調子の良い状態で生活していくことが大切であると考えられるようになり、メンタルヘルスに関する取り組みが注目されるようになったのです。

近年は働く環境や仕事内容、組織風土、人間関係などが大きく変化しているため、ストレスとなる要因が以前よりも職場に増加しています。仕事や人間関係の不安や悩みが解決しないまま過度のストレスを抱えたり、長時間労働が必要以上に続いたりすると、メンタルヘルス不調へとつながりかねません。

厚生労働省の「過重労働による健康障害を防ぐために」によると、月100時間を超える残業や、2~6ヵ月平均の月の残業時間が80時間を超えると、健康障害のリスクが高まるそうです。長時間労働の下でこのような状況に陥り、心の健康を損なう人が急増しているため、メンタルヘルス対策は大きな課題となっています。

次回は、仕事や職場におけるメンタルヘルス対策について書きたいと思います。